百人一首 1番~50番

1番

天智天皇(てんぢてんのう) 

 

 秋の田の  かりほの庵の 苫をあらみ

わが衣手は 露にぬれつつ

2番

持等天皇(じとうてんのう)

 

春すぎて  夏来にけらし  白妙の

衣ほすてふ  天の香具山

 

3番

柿本人麻呂(かきのもとのひとまろ)

 

足引きの 山鳥の尾の しだり尾の 

ながながし夜を  ひとりかも寝む

4番

山部赤人(やまべのあかひと)

 

田子の浦に  うち出でてみれば  白妙の

富士の高嶺に 雪は降りつつ

 

5番

 猿丸大夫(さるまるだゆう)

 

奥山に 紅葉ふみ分け なく鹿の 

殸きく時ぞ 秋は悲しき

 

6番

中納言家持(ちゅうなごんやかもち)

 

かささぎの 渡せる橋に  おく霜の 

しろきを見れば 夜ぞふけにける

7番

安倍仲麿(あべのなかまろ)

 

天の原  ふりさけ見れば  春日なる 

みかさの山に 出でし月かも

 

 

8番

喜撰法師(きせんほうし)

 

わが庵は 都のたつみ しかぞすむ

世をうぢ山と 人はいふなり

9番

小野小町(おののこまち)

 

花の色は  移りにけりな  徒 

我が身世にふる  ながめせしまに

 

10番

蝉丸(せみまる)

これや此の 行くも帰るも 別かれては

知るも知らぬも 逢坂の関

 

 

 

 

11番

参議篁(さんぎのたかむら)

 

わたの原  八十島かけて  漕ぎ出でぬと 

人にはつげよ  あまの釣舟

 

 

 

 

 

12番

僧正遍照(そうじょうへんじょう)

 

天つ風 雲のかよひぢ 吹きとぢよ

をとめの姿 しばし留めむ

 

13番

陽成院(ようぜいいん)

 

筑波嶺の 峰より落つる みなの川

戀ぞつもりて 淵となりぬる

 

14番

河原左大臣(かわらのさだいじん)

 

陸奥の しのぶもぢずり 誰故に

みだれ初めにし 我ならなくに

15番

光孝天皇(こうこうてんのう)

 

君がため 春の野に出でて 若菜つむ

わが衣手に 雪は降りつつ

16番

中納言行平(ちゅうなごんゆきひら)

 

立別れ いなばの山の 峰におふる

まつとし聞かば 今帰り来む

 

 

17番

有原業平朝臣(ありわらのなりひらあそん)

 

ちはやぶる 神代も聞かず 龍田川

から紅に 水くくるとは

 

18番

藤原敏行朝臣(ふじわらのとしゆきあそん)

 

住の江の 岸による浪 よるさへや

夢の通ひ路 人目よくらむ

19番

伊勢(いせ)

 

難波潟 短き葦の ふしのまも 

あはで此の世を すぐしてよとや

 

20番

元良親王(もとよししんのう)

 

侘びぬれば 今はた同じ 難波なる

身をつくしても 逢はむとぞ思ふ

 

21番

素性法師(そせいほうし)

 

今来むと いひしばかりに 長月の

有明の月を 待ち出でつるかな

22番

文屋康秀(ふんやのやすひで)

 

吹くからに 秋の草木の しをるれば

むべ山風を 嵐といふらむ

23番

大江千里(おおえのちさと)

 

月みれば 千々に物こそ 悲しけれ

わが身ひとつの 秋にはあらねど

24番

菅家(かんけ)

 

此の度は 幣もとりあへず 手向山

紅葉の錦 神のまにまに

25番

三条右大臣(さんじょうのうだいじん)

 

名にしおはば 逢坂山の さねかづら

人にしられで くるよしもがな

26番

貞信公(ていしんこう)

 

小倉山 峯のもみぢ葉 心あらば

今ひとたびの みゆき待たなむ

27番

中納言兼輔(ちゅうなごんかねすけ)

 

みかの原 わきて流るる 泉川

いつみきとてか 戀しかるらむ

 

28番

源宗于朝臣(みなもとのむねゆきあそん)

 

山里は 冬ぞ寂しさ まさりける

人目も草も かれぬと思へば

 

29番

凡河内躬恒(おおしこうちのみつね)

 

心あてに 折らばや折らむ 初霜の

置きまどはせる 白菊の花

30番

壬生忠岑(みぶのただみね)

 

有明の つれなく見えし 別れより

暁ばかり 憂きものはなし

31番

坂上是則(さかのうえのこれのり)

 

朝ぼらけ 有明の月と 見るまでに 

吉野の里に 降れる白雪

32番

春道列樹(はるみちのつらき)

 

山がはに 風のかけたる しがらみは

流れもあへぬ 紅葉なりけり

33番

紀友則(きのとものり)

 

久方の 光のどけき 春の日に

しづごころなく 花の散るらむ

34番

藤原興風(ふじわらのおきかぜ)

 

誰をかも 知る人にせむ 高砂の

松も昔の 友ならなくに

35番

紀貫之(きのつらゆき)

 

人はいさ 心もしらず ふるさとは

花ぞ昔の 香ににほひける

36番

清原深養父(きよはらのふかやぶ)

 

夏の夜は まだ宵ながら あけぬるを

雲のいづこに 月宿るらむ

37番

文屋朝康(ふんやのあさやす)

 

白露に 風の吹きしく 秋の野は

つらぬきとめぬ 玉ぞ散りける

38番

右近(うこん)

 

忘らるる 身をば思はず 誓ひてし

人の命の 惜しくもあるかな

39番

参議等(さんぎひとし)

 

朝茅生の 小野の篠原 しのぶれど

あまりてなどか 人の戀しき

40番

平兼盛(たいらのかなもり)

 

忍ぶれど 色に出でにけり わが戀は

ものや思ふと 人の問ふまで

41番

壬生忠見(みぶのただみ)

 

すてふ わが名はまだき 立ちにけり

人知れずこそ 思ひそめしか

42番

清原元輔(きよはらのもとすけ)

 

契りきな かたみに袖を しぼりつつ

末の松山 浪こさじとは

43番

権中納言敦忠(ごんちゅうなごんあつただ)

 

逢ひみての 後の心に くらぶれば

昔はものを 思はざりけり

44番

中納言朝忠(ちゅうなごんあさただ)

 

逢ふことの 絶えてしなくは なかなかに

人をも身をも 恨みざらまし

 

45番

謙徳公(けんとくこう)

 

哀れとも いふべき人は おもほえで

身のいたづらに なりぬべきかな

46番

曾禰好忠(そねのよしただ)

 

由良の戸を わたる舟人 楫をたえ

行方へもしらぬ 戀の道かな

47番

恵慶法師(えぎょうほうし)

 

八重葎 しげれる宿の さびしきに

人こそ見えね 秋は来にけり

 

 

48番

源重之(みなもとのしげゆき)

 

風をいたみ 岩うつ浪の おのれのみ

砕けてものを 思ふ頃かな

 

49番

大中臣能宣朝臣(おおなかとみのよしのぶあそん)

 

御垣守 衛士のたく火の 夜はもえ

晝は消えつつ ものをこそ思へ

50番

藤原義孝(ふじわらのよしたか)

 

君がため 惜しからざりし 命さへ

長くもがなと 思ひけるかな