百人一首 51番~100番

51番

藤原実方朝臣(ふじわらのさねかたあそん)

 

かくとだに えやはいぶきの さしも草

さしも知らじな もゆる思ひを

 

52番

藤原道信朝臣(ふじわらのみちのぶあそん)

 

明けぬれば くるるものとは 知りながら

なほ恨めしき 朝ぼらけかな

 

53番

右大将道綱母(うだいしょうみちつなのはは)

 

嘆きつつ 獨りぬる夜の 明くるまは

いかに久しき ものとかは知る

 

54番

儀同三司母(ぎどうさんしのはは)

 

忘れじの 行末までは 難ければ

今日を限りの 命ともがな

55番

大納言公任(だいなごんきんとう)

 

滝の音は たえて久しく なりぬれど

名こそ流れて なほ聞こえけれ

 

56番

和泉式部(いずみしきぶ)

 

あらざらむ 此の世のほかの 思ひ出に

今一たびの 逢ふこともがな

 

57番

紫式部(むらさきしきぶ)

 

廻りあひて 見しやそれとも わかぬまに

雲がくれにし 夜半の月かな

58番

大弐三位(だいにのさんみ)

 

有馬山 ゐなのささ原 風吹けば

いでそよ人を 忘れやはする

59番

赤染衛門(あかぞめえもん)

 

やすらはで 寝なましものを 小夜更けて

傾くまでの 月を見しかな

60番

小式部内侍(こしきぶのないし)

 

大江山 いくのの道の 遠ければ

まだふみも見ず 天の橋立

 

61番

伊勢大輔(いせのたいふ)

 

への 奈良の都の八重ざくら

今日九重に 匂ひぬるかな

62番

清少納言(せいしょうなごん)

 

をこめて 鳥のそら音は はかるとも

世に逢坂の 関はゆるさじ

63番

左京大夫道雅(さきょうだいふみちまさ)

 

今はただ 思ひ絶えなむとばかりを 

人づてならで 言ふよしもがな

 

64番

権中納言定頼(ごんちゅうなごんさだより)

 

朝ぼらけ 宇治の川霧 絶えだえに

あらはれ渡る 瀬々の網代木

65番

相模(さがみ)

 

恨み侘び ほさぬ袖だに あるものを

戀に朽ちなむ 名こそ惜しけれ

 

 

66番

大僧正行尊(だいそうじょうぎょうそん)

 

諸共に あはれと思へ 山ざくら

花よりほかに 知る人もなし

 

 

67番

周防内侍(すおうのないし)

 

春の夜の 夢ばかりなる 手枕に

かひなく立たむ 名こそ惜しけれ

 

68番

三條院(さんじょういん)

 

心にも あらで憂世に ながらへば

戀しかるべき 夜半の月かな

 

69番

能因法師(のういんほうし)

 

嵐ふく 三室の山の もみぢ葉は

龍田の川の 錦なりけり

 

70番

良暹法師(りょうせんほうし)

 

寂しさに 宿を立ち出でて 眺むれば

いづくも同じ 秋の夕暮

 

71番

大納言経信(だいなごんつねのぶ)

 

夕されば 門田の稲葉 おとづれて

あしのまろやに 秋風ぞ吹く

 

72番

祐子内親王家紀伊(ゆうしないしんのうけのきい)

 

 

音に聞く 高師の濱の あだ浪は

かけじや袖の ぬれもこそすれ

 

73番

権中納言匡房(ごんちゅうなごんまさふさ)

 

高砂の 尾の上の桜 咲きにけり

外山の霞 立たずもあらなむ

74番

源俊頼朝臣(みなもとのとしよりあそん)

 

うかりける 人を初瀬の 山おろし

はげしかれとは 祈らぬものを

 

75番

藤原基俊(ふじわらのもとととし)

 

契りおきし させもが露を 命にて

あはれ今年の 秋も去ぬめり

 

76番

法性寺入道前関白太政大臣

(ほっしょうじにゅうどうさきのかんぱくだいじょうだいじん)

 

わたの原 漕ぎ出でて見れば 久方の

雲居にまがふ 沖つ白浪

 

77番

崇徳院(すとくいん)

 

瀬を早み 岩にせかるる 瀧川の

われても末に 逢むとぞ思ふ

 

78番

源兼昌(みなもとのかねまさ)

 

淡路島 かよふ千鳥の 鳴く声に

いく夜寝覚めぬ 須磨の関守

 

79番

左京大夫顕輔(さきょうのだいふあきすけ)

 

秋風に たなびく雲の 絶え間より

もれ出づる月の 影のさやけさ

 

80番

待賢門院堀河(たいけんもんいんのほりかわ)

 

ながからむ 心も知らず 黒髪の

みだれて今朝は ものをこそ思へ

 

81番

後徳大寺左大臣(ごとくだいじのさだいじん)

 

ほととぎす 鳴きつる方を 眺むれば

ただ有明の 月ぞ残れる

 

82番

道因法師(どういんほうし)

 

ひわび さても命は あるものを

憂きに堪へぬは 涙なりけり

 

83番

皇太后宮大夫俊成(こうたいごうぐうのだいぶとしなり)

 

世の中よ 道こそなけれ 思ひ入る

山の奥にも 鹿ぞなくなる

 

84番

藤原清輔朝臣(ふじわらのきよすけあそん)

 

ながらへば また此の頃や しのばれむ

憂しと見し世ぞ 今は戀しき

 

85番

俊恵法師(しゅんえほうし)

 

夜もすがら もの思ふ頃は 明けやらで

ねやのひまさへ つれなかりけり

 

86番

西行法師(さいぎょうほうし)

 

嘆けとて 月やはものを 思はする

かこち顔なる わが涙かな

87番

寂蓮法師(じゃくれんほうし)

 

村雨の 露もまだひぬ 槇の葉に

霧立ちのぼる 秋の夕暮

 

88番

皇嘉門院別当(こうかもんいんのべっとう)

 

難波江の あしのかりねの 一夜ゆゑ

みをつくしてや 戀ひわたるべき

89番

式子内親王(しょくしないしんのう)

 

玉の緒よ たえなば絶えね ながらへば

忍ぶることの 弱りもぞする

 

90番

殷富門院大輔(いんぷもんいんのたいふ)

 

見せばやな 雄島のあまの 袖だにも

濡れにぞ濡れし 色はかはらず

 

91番

後京極摂政前太政大臣

(ごきょうごくせっしょうさきのだいじょうだいじん)

 

きりぎりす なくや霜夜の さむしろに

衣かたしき 獨りかも寝む

92番

二条院讃岐(にじょういんのさぬき)

 

わが袖は 汐干に見えぬ 沖の石の

人こそ知らね 乾く間もなし

93番

鎌倉右大臣(かまくらのうだいじん)

 

世の中は 常にもがもな 渚こぐ

海士の小舟の 綱手かなしも

 

94番

参議雅経(さんぎまさつね)

 

みよし野の 山の秋風 小夜更けて

故郷寒く 衣うつなり

 

95番

前大僧正慈円(さきのだいそうじょうじえん)

 

おほけなく うき世の民に おほふかな

我が立つ杣に 墨染の袖

 

96番

入道前太政大臣

(にゅうどうさきのだいじょうだいじん)

 

花さそふ あらしの庭の 雪ならで

ふりゆくものは 我が身なりけり

 

97番

権中納言定家(ごんちゅうなごんさだいえ)

 

来ぬ人を 松帆の浦の 夕なぎに

焼くや藻塩の 身もこがれつつ

 

98番

従二位家隆(じゅにいいえたか)

 

風そよぐ 楢の小川の 夕ぐれは

みそぎぞ夏の しるしなりける

 

99番

後鳥羽院(ごとばのいん)

 

人もをし 人もうらめし あぢきなく

世を思ふ故に もの思ふ身は

 

100番

順徳院(じゅんとくいん)

 

百敷や 古き軒端の しのぶにも

なほあまりある 昔なりけり