小倉百人一首とは

「小倉百人一首」は1235年、宇都宮頼綱が小倉山荘の襖の装飾の為、

和歌の選定と執筆を藤原定家に依頼しました。

 

定家は、飛鳥時代の天智天皇から鎌倉時代の順徳院まで、

100人の歌人の優れた和歌を一首ずつ選び、年代順に色紙にしたためました。

 

後に、小倉山で編纂したという由来から、「小倉百人一首」という通称が定着しました。